冬 オケラ(朮)

ついこの間、ようやく花を見つけたのに、 もう冬、花後の姿を探すことに・・・ 花後のオケラ(朮)です。 この花も、花後が楽しい花なんですよ (^o^) 魚の骨のような苞葉はも花後の冠毛を引き立ててくれています。 オケラ(朮) キク科オケラ属 日当たりの良い乾いた山地に生える多年草。 草丈は40~100…
コメント:0

続きを読むread more

二季咲きのボケ(木瓜)

今朝の庭、薄っすらと霜が・・・ 初霜かな? それほど寒いとは感じなかったので、勘違い? 写真を撮ればよかったんですが、 朝のドタバタが終わったときには、いつもの庭でした (∩_∩) 写真は、一週間前(11月23日)のものです。 もう一回撮り直しをとシャッターを切ったら、 ひょいと、動いてしまった・・・  で…
コメント:4

続きを読むread more

モミジガサ(紅葉傘)

自然歩道の脇、1mほど下に見つけたモミジガサです。 花は目立たない、地味な花だけど、 この時期の姿はチョット目を引きます。  ↑ 画面右上1/4から左下1/4を結ぶ線が、概ねの斜面になります。 花を撮る時にも悩んだんですが、 前回同様、歩道の脇に腰を下ろして、 滑り落ちないよう、手近な草叢に足を乗せて、 恐…
コメント:4

続きを読むread more

アベリア   ハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)

もうそろそろ、この花も花期の終わりかな、 ドウダンツツジが赤く染まっている生け垣の隣は アベリアの生け垣 ドウダンツツジの赤を背景に撮ってみました ドウダンツツジの赤を意識しすぎて、 面白みにかける写真になてしまったかな。 花は旬に撮るほうが面白いです (^o^) ハナゾノツクバネウツギ(花園衝…
コメント:4

続きを読むread more

どんぐりころころ

ヤジロベエや独楽(コマ)作って遊んだ馴染みの堅果、 また「どんぐりころころ」の同様は、もっとお馴染み、 写真を撮りながら、「どんぐりころころ・・・   」 口ずさむでいました (^^♪ 毎年のように、ドングリの不作、聞いているような気がします。 でも、毎年、いっぱいのドングリ見ているような気もします。 …
コメント:6

続きを読むread more

さざんか さざんか

先日、花を調達に行ってきた 「ぐんまフラワーパーク(さざんか園)」で 見つけたサザンカの野生種です。 椿はちょっと里山に入れば、野生のヤブツバキに出会えるんですが、 サザンカの野生種は、この辺では見ることが出来ないんですよね。 あちらこちらのブログを見ていても、 野生種が登場する気配が無いのが寂しいです。 鹿児…
コメント:4

続きを読むread more

スイセン(水仙)が咲いたっ!

ニホンズイセン (日本水仙)、ノズイセン(野水仙)とも呼ばれ、 多分、一番親しまれている、フサザキズイセン(房咲水仙)です。 昨日は咲いてなかったと思うのですが、 今朝、庭を見たら咲いていました (^o^) 今日遊びに行ってきた公園でも、 すぐにも咲きそうなほど、蕾が膨らんでいました。 こ…
コメント:4

続きを読むread more

ハクチョウゲ(白丁花) 桃花

初夏(5~6月頃)になると、 緑の葉の上に雪が降ったように小さな花を咲かせる、 という事なのですが、 そこまで咲いているのを見たことがありません (^_^;) 当然、未だに咲き続けている「桃花(ピンクミスティック)」も 何メートルも続く生け垣にまばらに咲いているだけです。 咲いているだけで 嬉しいですけどね (^o^) …
コメント:2

続きを読むread more

進雄神社  寒椿

進雄神社、さてなんと読んだら良いんでしょうね (^○^) 今日、買い物ついでにお参りした神社です。 「すさのおじんじゃ」と読みます (^!^) 鳥居をくぐったら、ちょうど、拝殿前で結婚式の記念撮影。 紅白の寒椿を撮って、早々に退散です (∩_∩) 境内の隅にある双体道祖神です。 …
コメント:4

続きを読むread more

紅葉と寒椿・山茶花  鬼石・桜山公園

昨日(11月21日)投稿の鬼石・桜山公園 冬桜だけでなく、山頂付近には寒椿・山茶花が 紅葉と共演しています。 冬桜と違って花も大柄、色もはっきりしているので、 紅葉を背景にした寒椿は撮っていて楽しかったです (^o^) l 鬼石・桜山公園の寒椿・山茶花寒椿・山茶…
コメント:2

続きを読むread more

天高く   皇帝ダリア

車を走らせていると、時々見かけるんです。 停まって、写真をと思っても 後続車が居たり、止める場所が無かったり、 見るだけで諦めていた花です。 そおう言えば、あったよねぐんまフラワーパークに、 花のネタも欠乏状態、急遽行ってきました。 見逃ししそうな建物影に、どでぇ~んと咲いていました。 …
コメント:6

続きを読むread more

咲き始めた タツナミソウ(立浪草)

我が家の庭に咲き始めたタツナミソウです。 本来の花期は初夏なんですが、 我が家の庭では、毎年、今ころから咲き始めます。 12月頃には白花のタツナミソウも咲き始めると思います。 タツナミソウ(立浪草) シソ科タツナミソウ属 丘陵の林縁や草地に生える多年草。草丈は20~40cm。花期は5~6月。 …
コメント:4

続きを読むread more

スズメウリ(雀瓜)の実

クリスマスツリーに飾ったら、可愛いかな (^o^) 雌花、雄花、探すのに苦労したスズメウリ、 あれだけ苦労したのが馬鹿らしくなるほど、 身近にありました (^_^;) 昨日(11月18日)掲載の「センダン(栴檀)の実」から 10mほど離れた、自然歩道の入口、 止めた車の後ろの立木にぶら下がってました。 思わず溜息で…
コメント:4

続きを読むread more

小春日和に誘われて   白花のシモツケ(下野)

庭を彩っていた、 同じ返り咲きのピンクのシモツケが終わったら、 今度は、白花のシモツケが咲き始めました (^o^) ピンクのシモツケが咲き続けているのに、 白花のシモツケ、いつまで立っても咲かないので、 返り咲きは諦めていたんですが、 昨日の穏やかな小春日和に誘われたんでしょうね (∩_∩) シ…
コメント:6

続きを読むread more

センダン(栴檀)の実

高い高い木の上の実、 撮るぞぉ~ っと、上を見上げないと 見逃してしまうのは花と同じか、それ以上、 首を、ぐっん と上に曲げて、撮りました。 首が痛かった (*_*) 撮り終わってから気がついたんですが、 私のカメラの液晶、バリアングルなんですよね、 ファインダーを覗かず、液晶にすればよかった (^_^;) …
コメント:6

続きを読むread more

秋の彩り   洞窟観音・徳明園の紅葉

昨日、13年ぶりに徳明園の紅葉見に行ってきました。 本来なら、少林山の紅葉を見て、その足で周る予定だったんですが、 何日かまえTVで報道されたとかで、凄い混みようで断念、 再度、昨日の紅葉狩りです。 「北関東一の名園として評価が高い」という事なんですが、 地元の私には ???  ちょうど帰宅直後に電話をかけてきた友人…
コメント:4

続きを読むread more

白花の小菊が作る玉菊

玉菊というと黄色の小菊が思い浮かぶのですが、 純白というより、やや黄色が混じった小菊による玉菊。 まだ、今季、見つけることが出来ていませんが、 臙脂のものもありますよね。 畑一面に広がる玉菊、端の一列が白と黄色が混在してます。 この畑の隣に住む奥さんによると 例年だと、臙脂も並ぶのだけど・・・ との事です。 …
コメント:2

続きを読むread more

垣根の垣根の曲がり角    ピラカンサス

垣根を曲がったら、たき火ではなく、 棘もいっぱいのトキワサンザシの生け垣でした (^○^) 前掲の「垣根の垣根の 菊」と同じ生け垣の続き、 ちょうど角を曲がったところが トキワサンザシの生け垣になっています。 トキワサンザシの赤い実 ピラカンサス バラ科トキワサンザシ属  生け垣や鉢植えとして栽培さ…
コメント:4

続きを読むread more

垣根の垣根の・・・     菊

かきねの かきねの まがりかど・・・ 童謡「たきび」でおなじみのフレーズですね。 我が家への道筋の生け垣の隙間から 顔を出している小菊たちです。 垣根の垣根の 菊 アカメガシの生け垣から顔を出している小菊、 横を通ると、アカメガシの花が咲いている世にも見える…
コメント:2

続きを読むread more