仲良く赤白・夕化粧    ユウゲショウ(夕化粧)

以前は「アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)」と呼んでいたと思うんです。 でも納得「シロバナユウゲショウ(白花夕化粧)」を漸く、見つけました。 白花でも「シロバナユウゲショウ(白花夕化粧)」とは呼ばないんですね。 だから白も赤も「ユウゲショウ(夕化粧)」なんですかね (^o^) 今日、歩いた里山、自然歩道の入口の公園で、 …
コメント:2

続きを読むread more

タイサンボク(泰山木)

ご近所の公園で「タイサンボク(泰山木)」が咲きました。 咲いているのに気づいた一昨日(5月29日)から、 もう終わりかな、と言う感じの今日(5月31日)まで、 同じ花を、3日連続で撮ってみました (^o^) 公園にこの木が植えられてから、もう40年ほど経っているかな。 来年は、花を撮るのに、三脚が必要に…
コメント:0

続きを読むread more

ヒメイワダレソウ(姫岩垂草)   迷子犬と古墳付き

たまたま今回は古墳めぐりになってしまいましたが、 この白石稲荷山古墳群、 良く花を探しに出歩く場所でも有るんですよ。 初めての花に出会ったり、 古墳の墳頂からの景色を眺めたり、 桜の花見から秋冬と、結構楽しんでいます。 目的地、白石稲荷山古墳 ふらふら歩きながら、道中の半ばで、名称不明に遭遇。只今、調査中。…
コメント:1

続きを読むread more

ノアザミとその仲間たち    古墳付き

この公園の周囲、人家が多いのと、 相応に整備されているので、時々、変わった花を見つけるんです。 毛野国白石丘陵公園    左 平井地区1号墳 右 皇子塚古墳 でも、今回は景色を撮りたくて、 皇子塚古墳 埋葬されている方には申し訳ないけど、 古墳の上に登ることにしました。 見晴らし良いんですよ…
コメント:4

続きを読むread more

キキョウソウ(桔梗草)

キキョウソウ(桔梗草)、この花、身近にありそうで、無いんです。 この花、以前見かけた堤防で見つけたんですが、 この一株しか有りませんでした。 この日、キキョウソウを探して、堤防を二往復、 その結果の一株、私にとって貴重な一株です。 もう一往復したら、もっと見つけられたかな? 以前あったところは、「葛」が蔓延ってい…
コメント:2

続きを読むread more

柿の木の花

秋の柿の実、青空を背景に撮ると、「秋」を実感できますよね。 それに対して「柿の木の花」は馴染みが薄いですよね。 せいぜい夏の頃、雨風で落とされた若い実を見つけるぐらい。 里山を歩いて居て、たまたま見上げた木に「?」の花、 写真を撮って、歩き始めて・・・ しばらく経ってから、思い出せたんです。「柿の花」 「柿の実」…
コメント:4

続きを読むread more

イボタノキ(水蝋樹・疣取木)

とても地味な花です。 花を見かけたらカメラを向けるのが私の習性 ? 地味な花です。 全体的には、こんな感じで咲いています。やっぱり地味 (^_^;) どう見ても地味な花です。 でも可愛いんです (^o^) イボタノキ(水蝋樹・疣取木) モクセイ科イボタノキ属 日本各地の山野に自生する、樹…
コメント:2

続きを読むread more

イタチハギ(鼬萩)

新たに開削したような、道路の法面でよく見かけますよね。 法面を保護するための石垣に姿を見せたイタチ、 いえ、イタチハギ(鼬萩)です。 近くで見ると、黒とオレンジ色の組み合わせの綺麗な花なんですよ (^o^) 近づいての一枚、なんかゴチャゴチャしてしまいました (^_^;) イタチハギ(鼬萩)…
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキツメクサ + クスダマツメクサ

ツメクサの仲間は群生しているのを良く見かけますよね。 先日コメツブツメクサの群生を見つけたばかりなのに、 今度はムラサキツメクサ(紫詰草)の群生です。 思いっきり近づいて(?)一枚。 おや、クスダマツメクサ、こっちも、ついでに近づいて一枚 やっぱり群れていますよね~ なんと、一面のクスダマツメクサ、所…
コメント:2

続きを読むread more

センダン(栴檀)

思い込みも有るのだろうけど、一般的に 街路樹というと「桜」それも「染井吉野」が多いような気がします。 どうせ植えるなら、代わり映えのしない「桜」では無い花木にすればと。 ふと気がついたら、いつの間にか、他の花木が。 我が家のご近所は「カリン」、秋には皆さん実を拾ってます (^_^;) 市の花「ハクモクレン(白木蓮)…
コメント:4

続きを読むread more

ホタルブクロ(蛍袋)

花の色は関東では淡紅紫色が、関西では白色が多いらしいです。 自生の物を見る機会が少ないせいか、 白色の花を多く見ているような気がします。 公園の端の林の中で・・・ 公園に意図して植えたものではあっても、我が家の庭のものより風情がありますよね。 庭に咲くものとは違って、やや高い所に咲いていたんで・・・ …
コメント:0

続きを読むread more

ツルマンネングサ(蔓万年草)

本来の目的はメキシコマンネングサを撮ること、だった筈なのですが、 漸く咲いたのはツルマンネングサでした。 咲き始めるまで、葉っぱからマンネングサと思っていたんです。 単純に、そこで思い出した名前がメキシコマンネングサ、 何処から付いたのか「メキシコ  」名前の印象が強かったです。 大量に咲いてます 用水路の石…
コメント:6

続きを読むread more

ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

花がはじめから淡紅色のものを、 モモイロヒルザキツキミソウとして分ける場合もあるそうです。 なにか書こうと思っていたもが有ったはずなんだけど、 いつの間にか、頭の中から消失してしまいました (^^; ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草) アカバナ科マツヨイグサ属 北米原産の帰化植物、観賞用として輸入・栽培され…
コメント:2

続きを読むread more

こんどこそ   ムシトリナデシコ(虫取撫子)

5月20日に投稿した『今日は・・・ジャガイモ、ムシトリナデシコ』で 「三尺バーベナ」と勘違い、nobaraさんに指摘して頂き気づく始末です。 実は長いこと両者を逆に覚えてしまったようで、 良く確認せずに投稿してしまい、恥ずかしい思いをしました。 今回は大丈夫でしょう   多分 (^_^; ムシトリナデシコ(虫取撫子…
コメント:6

続きを読むread more

ただの、普通の   ツユクサ(露草) 古墳つき

ムラサキツユクサ、オオムラサキツユクサ トキワツユクサ、オオトキワツユクサ 名前にツユクサとつく花、他にも有ったかな? これは、ただの、普通のツユクサ(露草)です (∩_∩) ツユクサ(露草) ツユクサ科ツユクサ属 本当は里山に行きたかったのですが、 連夜の雨に、足元が心配だったので、 今日は古墳めぐりをし…
コメント:2

続きを読むread more

ヤマウコギ(山五加木)

ヤマウコギ(山五加木) ウコギ科ウコギ属 山地や丘陵地に生える落葉低木。雌雄別株。 若芽は山菜として、てんぷらやおひたしに、 そしてウコギ飯が有名(?)ですよね。 美味しそうな若葉です (^o^) ↑ 雄花(雄木)   ↓ 雌花(雌木) ヤマウコギ、ヒメウコギ、オカウコギ、エゾウコギ、 どれ…
コメント:2

続きを読むread more

ユズ(柚子)

畑のハズレに ぽつん と一本だけ立っています。 多分、自家用なんでしょうね (^o^) この木の下はミョウガ、夏が待ち遠しいですね、素麺の薬味に・・・ ユズ(柚子) ミカン科ミカン属 以前、この木に実を見た覚えが有るので「ユズ」、実はあまり自信はないです。 チョット離れた所にはミカンも有ったような気がするので・・・…
コメント:0

続きを読むread more

我が家の困った問題児   トキワサンザシ(常盤山査子)

いつの間にか、気づいたら、使われてない入り口を塞いでいました。 伐ろう、伐ろうと思うのですが、棘がすごくて、 伐った後の後始末に悩みながら、ここまで来てしまいました。 花や実は綺麗なんですよね~ (^^; トキワサンザシ(常盤山査子) バラ科トキワサンザシ属    別名:ピラカンサ(属名、園芸での通称)  …
コメント:0

続きを読むread more

ゼニアオイ(銭葵)

初投稿の翌日に掲載した花がゼニアオイ(銭葵)。 花猫さんの『満開の銭葵と・・・』を読んで、 ゼニアオイ撮りに行かなくちゃと思い探していたので、 前出の「バイカウツギ」の様に慌てることもなく済みました。 ゼニアオイ(銭葵) アオイ科ゼニアオイ属 地中海沿岸原産、江戸時代に鑑賞目的で渡来した、帰化植物の…
コメント:2

続きを読むread more

バイカウツギ(梅花空木)

我が家のバイカウツギ(梅花空木)です。半八重の園芸種。 前掲「遅ればせながら (^_^;)   」に掲載した普通のカタバミは、 このバイカウツギを撮るついでに、撮ったものです。 『nobaraの散歩道』nobaraさんが、 昨日の『テイカカヅラ(定家葛』のコメントに 「2004年の3月末にブログを始めた・・・ そ…
コメント:2

続きを読むread more